テストステロン(父親ホルモン)に対して

テストステロン(父親ホルモン)に対して

覚醒といったオーガズムを電線に例えるなら、土壌に敢然と取り付けられた電柱の電線のように、整然とした怒り回路できていて、淫欲は電車のための配線画図等になります。

 

電線が雑然とって入り組んで、複雑に絡み合っているような状態になります。人間の脳裏を構成する怒りの複雑なコミュニティは、男子の性器を構成する下のクライアントの緻密な怒り回路に決定的な影響を与えます。

 

淫欲は自然と起こるもではありません。淫欲は性的な連想や思惑から、自慰仕方(マスターベーション)、または先方との性行為のスタートまでちゃんとした形で現れます。

 

私たちは淫欲をバイタリティー、つまり人間の件の姿糧となっている動物的、アニマル学的面がとらえ傾向でだ。バイタリティーはアニマル学チック、精神学的小物と、欲を構成する社会的事項とが複雑に絡み合ったものになります。

 

テストステロンを供給されたアニマル学的バイタリティーというのは、淫欲をつくる3つの要素の中でトップ直接的なものになります。

 

大脳辺緑系の潤滑剤としてのテストステロンの効き目が、周囲にセックスの相手がいることを話し、実情を観察して性行為までの可能性を考えます。

 

テストステロンはセックスの機会を求めてアンテナを高くしたり、先方との触れ合いを製作させるなどの心地を起こしたり決める。

 

性行為の覚醒や勃起のためには、僅かのテストステロンで足りますが、これは淫欲に駆り立てるためのトップ「基本的な能力」になります。

 

テストステロンは男女とも腎臓の上にいる副腎でちょっとが作られますが、ダディーのテストステロンはほとんどが睾丸で作られます。テストステロンは睾丸で次のように作られます。

 

脳の視床釘付けが下垂体にFSHってLHという2つのものをつくるように指図をします。とも睾丸について精液といったテストステロンの作りを促すものになります。

 

視床釘付けって下垂体、下垂体という睾丸の交流の混乱が、脳という睾丸にかけての通知天王山が上手くいかなく変わるような不調を引き起こすケー。

 

脳時分の化学ものに影響を与える「うつ病」ものの疾病は、視床釘付けや下垂体のホルモン不具合だけではなく、テストステロンの減算をもたらせます。

 

慢性のアルコール癖はセックスの欲を低下させるアニマル学チック原因としてしばしば引き合い出されますが、アルコールは肝臓を困難としてしまい、困難になった肝臓はテストステロンを女の子ホルモンですエストロゲンに急速に予約させてしまう。

 

男子のアルコール癖輩は、女の子のように頭が膨らみ、睾丸の委縮が見られるようになり、テストステロンが減少するによって、小さくなってしまう。

 

テストステロンがエストロゲンへ化学チックに変わってしまうは、淫欲を促すテストステロンが足りなくなるに関してになります。アルコールを通じてダメージを受けた睾丸は、容量も縮み、身体的にアルコール癖の様相を示します。

 

苦しいアルコール癖はテストステロンの件数を切り落とし、同時に淫欲も奪い去ってしまう。テストステロンの血中周辺が円滑も、これを受けるレセプター(受容器)がテストステロン以外の化学ものにてブロックされてしまうと、そのナンバーが非常に低くなってしまう。

 

これらの化学ものはテストステロンのレセプターに居座りますが、テストステロンものの動きはしません。これらはテストステロンがレセプターを刺激するのを邪魔します。

 

また、修得不良のまま服用する「ヒスタミン・拒否関連」の薬は、テストステロンのレセプターをブロックする事で素晴らしく知られています。これらの薬はテストステロンのレセプターにくっついて貫く結果、テストステロンって睾丸にかけての手段を封鎖してしまう。

 

店頭などで売られている抗ヒスタミンは、冷寒治療やアレルギー防護の過程で見つかったものになり、これもテストステロンのレセプターに居残る「ヒスタミン・拒否関連」の薬になります。

 

・エストラジオール(エストレース)
・ロイプロリーデ(リュプロン)
・フルタミド(ユーレキシン)
・ゴゼレリン(ゾラデックス)

 

そういう治療はクランケの性衝動を低下させると共に、勃起使途の不調も記します。

 

前立腺ガンにオペレーションって放射線治療を合わせて施すことは、これらのクランケが淫欲と覚醒それぞれの不調に複雑な理由を抱えるに関してになります。

 

現在の前立腺ガンの治療はクランケが10年代動向始める割合が80パーセンテージ以上というスーパー結局をもたらしていますが、疾病は治っても多くのクランケにとりましてかなりの犠牲を押しつける事になります。

 

ある程度の年齢になるって前立腺が肥大して、排尿困難を伝えるようになりますが、テストステロンをじりじり抑えていく「フィナステリーデ(名手スカール)」ものの薬さえ、性衝動や使途に影響を与える事があります。

 

少量で効果があり「プロペシア」としても知られている「フィナステリーデ」は最近、AGA治療に効果があるといった許諾されました。また、エイズものの他の疾病の進行はテストステロンを取る睾丸の細胞を破壊し、淫欲にも影響を与えます。

 

ダディーを不安にさせるものは生命力を脅かす「ガン」であるという件から、治療を受ける事が性器を能無しとして仕舞うという心情だ。

 

テストステロンが不足するせいで、通常の元気な性衝動が不足するなら、飲酒を切り落とし、影響を与える薬物を制限することが、淫欲を出来るだけ温存する進度になります。

 

ただし、テストステロンの服用は性衝動を治癒をさせますが、前立腺ガンの伸展というリスクも大きくなります。

 

バイアグラの通販トップページ